主婦★フリーランス目指します!

フリーランスに憧れる主婦です。男の子2人のママしながら緩く生きてます(^_^;)

子供にケータイ電話はいつから持たせるか?

f:id:ryo0213m0406:20171116092833j:plain


我が家のケータイ事情

長男は小学1年生ですが、まだケータイは持たせていません。

まわりの同級生も持っていない子がほとんどです。

というのも、我が家は学校からかなり近く徒歩1分の距離にあります。

登下校はお友達と一緒です。

公園は弟もいるため私と一緒に行きます。

なのでケータイの必要性を感じないので持たせていません。

しかし2年生になったら公園や習い事に1人で行かせようかなと思っています。

そこでケータイはいつから必要なのか?メリットやデメリットなどを踏まえた上で考えたいと思います😁


ケータイを持っている割合と子供向けケータイ

今の小学生でスマホやケータイを持っている子の割合は、3割ほどです!!

しかしこれは個人のケータイを持っている子の割合です。
息子が通う学校では、高学年になればほとんどの子が親のスマホなどで、ラインなどのアプリを使っているようです😱

私が小学生の時はもちろん0人なので、時代ですね💦

子どもに持たせる携帯電話は『子ども向けケータイ』と『スマホ』に分かれます。

低学年のうちは『子供向けケータイ』がほとんどです。

『子供向けケータイ』とは、ネットに繋げなかったり、特定の人としか通話が出来ないなどの機能が制限されており、防犯ブザーやGPSがついているので、防犯の為に持たせるケータイです。

個人的に小学生のうちはスマホは要らないと思っています👍我が家は持たせるなら子供向けケータイです。

子供向けケータイを持つ事のメリット

ケータイを持たせる理由の1番は、子供と連絡をとる為だと思います。
習い事の時や、お友達の家に行っている時など、子供と連絡がとれるのはやはり便利です。

それ以外にも、子供向けケータイならではのメリットがあります。


通話やメールの制限がある

親とだけ連絡がとれるようにするなど、制限をかけられます。お友達との過剰な連絡の取り合いを防ぐことが出来ます。


インターネット未接続

インターネットに接続が出来ないので、子供がケータイに依存する事がありません。
子供からすると物足りないでしょうが、親からすると安心です✨


GPS機能付き

外出先を親に伝えていなかった場合など、心配になりますよね💦
GPSがついていると安心です。


緊急時に警備会社が駆け付けてくれるサービスがある

もしもの時には警備員が駆けつけてくれるサービスがあります。
ただし月額料金とは別で出張料金がかかります。

月額料金が安い

月額500円ほどで持てます。機種も1万円ほどで、スマホに比べると随分安いです。


防水防塵で丈夫

シンプルな作りなので、落としても濡れても壊れにくく丈夫です。特に男の子には丈夫さは必要ですね😅



子供向けケータイを持つ事のデメリット

学校が禁止している場合がある

学校がケータイやスマホを禁止している場合があります。持たせるメリットが減ります。

子供が嫌がる

高学年になるとスマホを持っている子が増える為、子供が嫌がるようになります。

自然とスマホへ切り替えてしまいやすくなる

1度持ってしまうと、ケータイを持たない生活が不便に感じてしまいます。
スマホへの切り替えも自然と早くなりやすいです。


まとめ


『子供向けケータイ』は『スマホ』に比べるとメリットが多いように感じます。

しかしスマホへの切り替えが早くなりやすいので要注意です。

高学年の子を持つ先輩ママの話では、グループラインで夜はスマホが鳴りっぱなしのようです💦
スマホを持たせているお母さん方が、『持たせない方が良いよー』とこぞって言ってきます。
1度持たせると取り上げるのは困難なんでしょうね😩

そうならない為にも、小学生の間はスマホは買わないと子供としっかり約束しようと思います👍

スマホを与えるご家庭では、ゲームは無料範囲内、使用時間を守るなど、ルールを決めて子供の健康と生活を親が守ることが必要だと思います。



スポンサーリンク


宜しければ
こちらも⬇

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村